究極の頭脳スポーツ「ケイリン」を東スポの〝伝道師〟がアナタに伝えます。
プロフィール
前田睦生
突撃隊長・前田睦生(まえだむつお)競輪命。九州男児。ヘアスタイルは丸刈り、衣装は吊るしのスーツで30代に突入したばかりだがすでにアラフォー越え の貫禄。 補佐・秋田麻子(あきたあさこ)イケメン好き。名古屋人。しかし独自のイケメン定義は他人には理解してもらえず苦悩。イケメンだと思う芸能人はレイザーラ モンHG。
最新記事
カレンダー
2016年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Archives

いい競輪
2012年07月17日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 第21回寛仁親王牌は佐藤友和(29)が制した。有言実行で、頭の回転の早い勝負師はまさに魅力の塊。あの度胸が少しでも欲しいと思うところです。

 

そんな寛仁親王牌のワンシーンを。

 

 

 

 決勝進出こそ逃したが、超抜の動きを見せていた〝ダービー王〟成田和也(33)が、2日目「ローズカップ」の後に、〝鬼脚〟井上茂徳からひと言かけられていた。「いい競輪しとるね」。寡黙で、そんなに感情を表に出すことのない成田の表情が、初めて見るほどほころんだ。「井上さんからそう言っていただけるとは、うれしいです」。自力から自在、追い込みと変わっていくにあたり、人一倍の苦労を感じていただけに、胸に突き刺さったようだ。


 大ギアで自力選手が中心のレース形態になる中、直線でのものすごい迫力の走りを披露していたのが「いい競輪」だった。もちろん仕事ぶりやラインを大事にする点もである。井上茂徳の言葉だから、突き刺さった。


 成田が感情を露わにしたといえば、昨年5月松戸の「SSシリーズ風光る」を優勝した時が思いだされる。山崎芳仁、伏見俊昭と結束して超強敵を打破。3月11日の東日本大震災からの復興を期す、北日本の絆で優勝をつかんだ時だ。表彰式で声を張り、喜びを口にした。「あの成田が、こんなに」と胸が熱くなったのを覚えている。(成田さん、失礼なことを書いてすみません)。人間が走るからこその「いい競輪」だとはっきり感じた。

 

 取りとめもないことばかりこのブログでは書いているが、最近は「読んでます」と声をかけていただくことが増えた。成田には遠く及ばない次元の話だが、うれしいです! 「夢精の話、よかったー」と言っていただいた時は、ちっぽけな我が愚息を誇りに思いました。輪界の峰不二子に「更新、楽しみにしてます」と声をかけられた時は、ちっぽけな我が……、と、やめときましょうか。

 

今後とも、よろしくお願いいたします。

 

 とにかく競輪が好きなんですけど、下ネタも嫌いじゃないんですよね…。だから、池〇(将巳)さん、勇気をいただきましたよ。



ネタになる!!
えー!?異議あり!!




東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!