究極の頭脳スポーツ「ケイリン」を東スポの〝伝道師〟がアナタに伝えます。
プロフィール
前田睦生
突撃隊長・前田睦生(まえだむつお)競輪命。九州男児。ヘアスタイルは丸刈り、衣装は吊るしのスーツで30代に突入したばかりだがすでにアラフォー越え の貫禄。 補佐・秋田麻子(あきたあさこ)イケメン好き。名古屋人。しかし独自のイケメン定義は他人には理解してもらえず苦悩。イケメンだと思う芸能人はレイザーラ モンHG。
最新記事
カレンダー
2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Archives

伝説の記者、正義の記者の“怒り”
2017年04月16日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 先日のエントリーで書いたように先日、伝説の記者に会い、公式ページのリニューアル後、携帯で競輪を見られるよう、投票できるようにしたが、多くの手間がかかった。その作業をしつつ、ああ、あきらめる人も出ただろうなと思った。

 

 最初のハードルはブックマーク、お気に入りなどで登録していた「KEIRIN.jp」につながらないということだ。エラー画面となるだけで、「このサイトは移転しました。5秒後に切り替わります」といった対処がなかった。自動切り換えがなかったのは、目が点になった。

 

 新たに、公式ページを「競輪」といったワードを入れて検索エンジンから見つけることを伝説の記者のような70歳くらいの人たちすべてに強いるのは無謀だ。

 

 ログインをする時にも、もはや会員IDを覚えていない、IDを書いた紙をなくしたというケースもあっただろう。生年月日、郵便番号、メールアドレスを入力すればID、パスワードが送られてくる形式になっていたが、そこにすべての人がたどり着けるかどうか。またメールアドレスを登録していない場合は、郵送による対応になる。「もう、やめた」の声が聞こえる…。

 

 もちろん問い合わせの番号にかけてもつながらない状況。伝説の記者の怒りは相当なもので、だからこそ、ダイジェストを携帯で見た時には「おおう、久しぶりにこれ見たよ~」と率直に興奮していた。

 

 深夜、こうした状況に他の先輩記者からも、どうなっているんだ競輪は、というようなメッセージが届いた。公式HPに対する嘆きとともに、競輪でやられた額がかさんできたのでもう競輪辞めようかと思うと書いてあったが、「それは違う責任やんけ!」と笑ってしまった。

 

 ぜひ、その先輩におかれましては競輪で取り返してほしいと思う。

 

 正義を愛する記者からは、全く選手情報を調べられないよ…と沈痛なメールが届いた。求める情報はそれぞれにあるだろうが、ちょっと足りないものを書いてみる。

 

 選手の成績情報。以前は登録番号を打つと、1999年以降のデータは出せた。いつ落車して、といった話を聞いた後、正確な月日と場所を検索することはできた。今は20場所前までしか見られない(見る方法があったとしたらすみません。教えてください)。

 

 また、選手がたとえば青森競輪場を何回走っているか、GⅢにはどれだけ出場しているか、これも調べられない。選手同士が何回同じレースを走っているかも、調べられなくなった。

 

 川崎記念決勝の郡司浩平(26)と渡辺雄太(22)は昨年の小松島FⅠ決勝を一緒に走っており、これまではHPで検索して「何年何月の開催」と原稿に書くようにしていたが、今後はアバウトな書き方でごまかすしかない。

 

 毎回毎回、JKAに問い合わせるなど不可能だ。

 

 他にも人それぞれ、必要だった情報があったかと思う。どんな形でも声を吸い上げて、リニューアル後の改善につなげてほしい。パソコンでダイジェストを見る時、レースごとに、ページが切り替わらないといけないのも目が回るし…。

 

 16日は熊本ではファンイベントが行われていた。当方は前橋ミッドナイト競輪の前検日の取材で、熊本期待の星・瓜生崇智(22)がいた。

 

 

 今年初戦の大垣で大ケガ。「左股関節の損傷で立てなかった。1か月くらいで退院だったんですが、それでも早いと言われました。でもとにかく動きたくて…」。先月松阪でのルーキーチャンピオンレース(109期)は2着。竹内翼(26)の番手で執念走を見せていたが、さすがに戻り切っていない体で勝ち切るのは厳しかった。

 

 不屈の魂で頑張ってほしい。「今度はボクが竹内さんの前で頑張らないといけませんね」と竹内との次の連係を考えつつ、「もう、一年になるんですよね」と震災のことを思いやっていた。今節は逃げ切り3連発で熊本に熱い思いを届けるのみだ。

 

 

 前橋ミッドの初日(17日)の狙いは4Rの地元コンビだ。桜井紀幸(45、右)が横田政直(30)につけてワンツーを狙う。人気の中心はS級でも活躍していた長尾博幸(37)だが、横田が何とか地元の意地で主導権を奪い、別線完封を狙う。押し切りまでありそうだ。「最近は先行もできているし、確定板にも載れるようになってきた」(横田)と自信も深まってきている。桜井は「横田の泡吹き先行に期待します!」と笑っていたが、ワンツーは十分狙える。前橋ミッドの予想ページは以下からどうぞ!!

 

 

 

 私はこの日、朝から腹痛で、前橋に向かう車内の冷房でさらに腹が冷え、苦しかったが、何度かトイレに行けたので事故は起こさなかった。ブピってもおかしくないバッドなシチュエーションだったが、しのぎ切った。

 

 私は“腹痛(不屈)の記者”であります。



ネタになる!!
えー!?異議あり!!




東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!