プロフィール
山口敏太郎(やまぐちびんたろう)
1966年7月20日徳島県生まれ。作家・オカルト研究家。神奈川大学卒業後、日本通運入社。96年に作家デビュー後、多様な分野にわたるエッセーや論文、小説コンテストにおいて11回の受賞歴を経てプロ作家に転身。独立し現在に至る。妖怪・UMA・UFO・都市伝説などの不思議分野において本格的な解説ができる作家としてテレビ・ラジオに多数出演。




2016年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  



【168】魔術師によって生を受けた人間の精神を食らうフクロウ「キキヤオン」
2016年08月19日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シマフクロウ

 西アフリカ西岸に位置するガンビア・イスラム共和国。アフリカ大陸最小の国で、ガンビア川を取り囲むように国土が形成され、その周りはさらにセネガルに囲まれている。

 国土(1万1300平方キロメートル)のうち、1300平方キロメートルをガンビア川が占め、陸地の大部分がサバンナ地帯である。長い草と低い木をまじえた草原が広がり、乾季と雨季がある気候だ。生態系的には大型の草食動物が群れを形成して暮らしている。

 そんなガンビアで現地の人々に実在すると信じられ、恐れられているUMAがいる。名は「キキヤオン」。アフリカでは魔術や呪術がいまだに民間に浸透し、信仰されており、スポーツにおける呪術の禁止がたびたび話題になる。そして、このキキヤオンは魔術師によって生み出される生物だとされている。

 キキヤオンは顔がフクロウ、体は人間に近い形をしていて、大きさも人間ほどだそうだ。下半身の形状、足は人間のようだという。ただし、爪は鋭い鉤爪(かぎづめ)で、体中は緑がかった灰色の羽毛に覆われているといわれている。6・5メートルほどの翼を持っているとも伝えられる。さしずめアフリカの「オウルマン」と言ったところだろうか。

 このキキヤオンが恐れられているのは大きく鳴り響く低いうなり声を上げ、人間の精神を食べるといわれている点だ。人間よりも大きな猛禽類に襲われたらひとたまりもないと思うが、精神を食らうというのは民間伝承によるもので、どのような状態を指すのか不明である。

 実際には現地での大きな猛禽類の目撃と、前述の民間伝承が交じり合って都市伝説的な未確認生物として広まったのではないかとされる。

 世界最大のフクロウは我が日本を含む東アジアに生息するシマフクロウで、全長63〜73センチだ。アフリカにはクロワシミミズクという種が生息しており、こちらは60〜65センチでアフリカで最大といわれている。

 クロワシミミズクの生息地はサバンナの低木が点在する場所、川沿いの森林、とガンビアの条件と重なるように思える。全体的にも灰色がかっているため、クロワシミミズクの見間違えではないだろうか。

【関連動画】Kikiyaon [cryptid case]



東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!