プロフィール
山口敏太郎(やまぐちびんたろう)
1966年7月20日徳島県生まれ。作家・オカルト研究家。神奈川大学卒業後、日本通運入社。96年に作家デビュー後、多様な分野にわたるエッセーや論文、小説コンテストにおいて11回の受賞歴を経てプロ作家に転身。独立し現在に至る。妖怪・UMA・UFO・都市伝説などの不思議分野において本格的な解説ができる作家としてテレビ・ラジオに多数出演。




2017年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  



【194】上半身が年配男性で下半身が爬虫類の「ワニ男ジェイク」
2017年02月24日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワニ男ジェイク

 現在もアニメなどで人間と他の動物を融合させたキャラクターは多く描かれ、それらに萌える人たちを「ケモナー」などと呼んでいる。

 単純にデザインがかわいい、かっこいいというだけの話ではなく、その動物の能力を持つことで個性が発揮される点もあるだろう。

 そもそも半獣半人の怪物などは古代から神話などで語られ続けてきた。人間にとって自分たちとは違った能力に秀でた動物たちに対して、一種の憧れもあったのだろう。しかし、それは創作の中であがめ、恐れられるだけの存在ではない。人間に親しまれて愛されたものもあるのだ。

 1880年代に米国の見世物小屋で活躍していた「ジェイク」は、上半身が年配の男性、下半身は爬虫類という、なんとも奇妙な生き物である。ジェイクについては話だけでなく、そのミイラを収めた写真も残されているのだ。

 人間から簡単な質問をされると、ジェイクは首を縦や横に振ってコミュニケーションを取ったとも言われている。人語を発することはできないが、理解する能力はあったというわけだ。他にもたばこを差し出すとおいしそうに一服したとも伝わり、ユーモアやサービス精神のようなものも持ち合わせていたことがうかがえる。

 話題にはなったものの彼は割と早く亡くなってしまった。前述の通り、写真しか残されていないので生物としての実在は判別不可能。似た生物が付近で生息していた形跡も見当たらないため、生物学的にも不明なままである。

 しかし、ジェイクは人間部分と爬虫類の部分の境目が細く見え、切断したワニの体に人間を取り付けたフェイクではないかという見方が現在の主流のようである。筆者も実在よりも、職人による“よくできたミイラだ”と推測している。彼は今もワシントン州ロングビーチにある博物館に展示され、人々を楽しませている。

 逆に米国では1970年代に「ゲーターマン」という、頭がワニで体が人間の怪人がいたと言われている。夜中になると街をはいかいし、人間を食べるという恐ろしい存在だ。こちらは都市伝説的な扱いをされているが、一体どのようにして生まれたのだろうか。気になる存在である。

【動画】Meeting Jake

YouTube Preview Image

東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!