プロフィール
山口敏太郎(やまぐちびんたろう)
1966年7月20日徳島県生まれ。作家・オカルト研究家。神奈川大学卒業後、日本通運入社。96年に作家デビュー後、多様な分野にわたるエッセーや論文、小説コンテストにおいて11回の受賞歴を経てプロ作家に転身。独立し現在に至る。妖怪・UMA・UFO・都市伝説などの不思議分野において本格的な解説ができる作家としてテレビ・ラジオに多数出演。




2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  



【183】ケニアのステゴサウルス!?「ムフル」
2016年12月09日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ステゴサウルス(イメージ)

 ケニアにいると言われている恐竜型の未確認生物が、今回紹介する「ムフル」だ。

 ケニアはアフリカ大陸のインド洋に面した側、いわゆる東アフリカに位置する国で、日本ではケニア共和国というのが正式名称になっている。

 このケニアにはタンザニアとの国境近く、ビクトリア湖にムフル湾がある。その名を冠した未確認生物ということだ。

 ケニア共和国は国内に60以上の言語が存在しているが、古くからあるスワヒリ文明のスワヒリ語と、英国植民地時代があったため英語が公用語だ。アフリカの土着の文化とアラブ・イスラム文化が交じり、多民族が暮らす、交易が盛んな地である。

 日本では年齢層が高い人には山川惣治の絵物語「少年ケニヤ」で認知度が高い国だ。そうでない人でもマサイ族が一部住む国として、アフリカの象徴のような国のひとつとして名が知られているのではないだろうか。

 1963年、ケニアが英連邦王国として独立したその年、宣教師の夫婦が目撃したのが、ムフルの最初の報告である。ケニアにあるジャングルの中で、背中に剣のようなプレートが立ち、スパイクがついた尾を持った恐竜を見たというのだ。

 ステゴサウルスがメジャーな恐竜であるため、ステゴサウルスの生き残りのような扱いを受けるムフルだが、ステゴサウルスは北アメリカ大陸で発見された。アフリカでは、その近縁の種としてケントロサウルスが発見されている。ムフルはどちらかといえば、このケントロサウルスに関係が深いのではないかという意見もある。

 ただ、近縁といえど違いはあり、ステゴサウルスが体長7・4メートル程度なのに対して、ケントロサウルスは2・5〜5メートルほどで、かなり小型である。

 これを検証しようにもムフルは詳細な目撃情報が残っておらず、なんとも言えない状況なのだ。そのためか、古生物学の範ちゅうで語られる機会もほぼなく、存在の解明は進んでいない。

 同じアフリカ大陸のコンゴには「ムビエル・ムビエル・ムビエル」という未確認生物がいると言われ、こちらもステゴサウルスなどの剣竜類のような見た目である。偶然の一致かもしれないが、興味深い話である。

【関連動画】Allosaurus vs Stegosaurus!!!

YouTube Preview Image

東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!