プロフィール
山口敏太郎(やまぐちびんたろう)
1966年7月20日徳島県生まれ。作家・オカルト研究家。神奈川大学卒業後、日本通運入社。96年に作家デビュー後、多様な分野にわたるエッセーや論文、小説コンテストにおいて11回の受賞歴を経てプロ作家に転身。独立し現在に至る。妖怪・UMA・UFO・都市伝説などの不思議分野において本格的な解説ができる作家としてテレビ・ラジオに多数出演。




2016年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  



【172】アイルランドの凶暴な水犬「ドアーチュ」
2016年09月23日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鳥山石燕が描いた獺(カワウソ)

 英国の国土の中心的な島であるグレートブリテン島の西に浮かぶアイルランド島。夏は涼しく、冬はそれほど寒くないため、住みやすい国とも言われているアイルランド。この地の民話に伝わる「水犬」とも「カワウソの王」とも称されるUMAが「ドアーチュ」だ。

 この俗称からも分かる通り、カワウソと犬の中間のような容姿だとされているが、大きさは2メートルとも噂されている。カワウソがだいたい1メートルほどなことから考えてもかなり大きい。

 アイルランド東部のマスク湖は美しく、周囲に自然も残り、魚が生息するため釣り人も多く、観光地として栄えている。その魚を食い尽くす存在として知られているのがドアーチュだ。人間が襲われたという被害報告も残っているそうで、その凶暴性がうかがい知れる。

 水中や水上だけでなく水辺にいるものを襲う習性があるのではないかと言われていて、ペアで行動するらしい。仲間の復讐をするという報告もある。集団で行動する知能の高さを持ち、なおかつなわばり意識や仲間意識の高い生物であることが伝わっている。このあたりはオオカワウソが集団で行動する習性に近い。

 他に容姿の特徴としては大きさだけでなく、全体的には白く短い体毛に覆われ、足にはオレンジ色の大きい水かきを持っている。その泳ぐ速度は速く、凶暴な性格をより強いものにしている。

 17世紀より目撃例の多かったドアーチュだが、2003年に影のような姿を目撃されてからパッタリと情報が途絶えている。南米では大型のカワウソであるオオカワウソの生息数が激減している。アイルランドにはオコジョやユーラシアカワウソが生息しているが、このドアーチュも大きなカワウソの一種で、もう絶滅してしまった種なのだろうか。

【関連動画】Irish “Lake Monster” 2009

YouTube Preview Image

東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!