プロフィール
小川直也(おがわなおや)
小川道場(茅ヶ崎市)道場主。1968年3月31日東京都生まれ。柔道では全日本選手権7回優勝。 19歳で世界選手権優勝(史上最年少)。バルセロナ五輪銀メダリスト。 1997年、プロ格闘家としてデビュー。プロレス、総合格闘技など「暴走王」としてマット界を暴れまくる。http://www.ogawadojo.com/




2016年10月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  



小川道場から2人の日本代表!
2012年05月28日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オイッス!

 今回のダービー、東スポで新栄プロ・西川社長と対談させてもらったけれど…
1着岩田騎手のディープブリランテ、2着でフェノーメノと、ズバリだった!
西川社長が「1コーナーの位置取り」と言われたけれど、岩田騎手がいいポジション取ってそのまま押し切った。
西川社長の予想した展開そのままだったな。
騎乗停止だった岩田騎手が名誉挽回の勝利だから、ドラマとしても良かった、良かった!

 良かったといえば…
私事ながら小川道場からついに日本代表選手が出ました!
まずは26日の「INOKI GENOME」トーナメントで澤田敦士が優勝!
日本人トーナメントで優勝だから、日本代表みたいなもんだ。
よくやった!
…と澤田の話はこれでいいとして、

27日には、パラリンピックの柔道日本代表候補選考大会で半谷静香が勝って、ロンドン代表の座を得ました!(写真中、右は小川道場支援会の大久保会長)
 
 試合前からオレも非常に緊張した…。
正直、彼女の出来が悪くてね。
試合ももうちょっと、差をつけて勝ってほしかったな。

 でも、半谷がうちの道場に来てはや1年。
彼女のロンドンにかける思いに対して、少しはお手伝いできたかな…とは思う。

もちろん、これで終わりじゃない。
大震災の被災者ということで、マスコミのみなさんにも注目してもらったけれど、やっぱり、今後もずっと、被災者の方々に「たくましくやってる」というところを見せていってほしい。
それが彼女の使命だし、彼女の頑張っている姿が少しでも地元の福島の方々の励ましになれば…と思う。

 オレ個人としても、講道館を訪れたのは、引退会見から16年ぶり。もう、行くこともないと思ったけれど…何だか感慨深かったな。

 ということで、また次回!

 

〝被災者〟救った暴走王・小川



東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!