プロフィール
小川直也(おがわなおや)
小川道場(茅ヶ崎市)道場主。1968年3月31日東京都生まれ。柔道では全日本選手権7回優勝。 19歳で世界選手権優勝(史上最年少)。バルセロナ五輪銀メダリスト。 1997年、プロ格闘家としてデビュー。プロレス、総合格闘技など「暴走王」としてマット界を暴れまくる。http://www.ogawadojo.com/




2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  



金メダルは女子3、男はよくて1個
2012年05月15日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オイッス!

 柔道のロンドン五輪代表がついに決まったな。
注目の女子48キロ級は福見さんが代表になった。
ライバルの浅見さんがリードしていたけれど、
初戦で敗退したからな。
福見さんは道場で何度か見かけたけれど、
練習に集中できず、心が折れそうになったこともあったみたい。
それでも、あきらめずに最後まで頑張ったな。
五輪でもぜひ金メダルを取ってほしいね。

まあ、今回の選出は前回と違ってスッキリしている。
強化委員会では異論もあったようだけど、
比較的スムーズに、オレには順当な選考だったと思うね。

 ただ、ロンドン五輪で金メダル量産となると…話は別だ。
ズバリ、女子は金3個。
48キロ級、52キロ級は確実で、あと1個ってところだろう。
問題は男子で…よくて1個かなあ。
期待はやはり、中矢くんと海老沼の若い2人だろうね。
明大の後輩でオレのいた重量級の上川大樹も若いけれど…
ちょっと厳しいね。

テレビで試合を見たけれど、なんか試合が雑なんだよ。
決勝戦でも相手にいいようにされても、
「試合に負けてしまう」という緊迫感とか危機感がないんだよな。
正直、不安になるけれど、
本番ではさすがにこういうことはない…と祈りたい。

 まあ、先輩からのゲキだと思ってさ、男子はロンドンで意地を見せてほしいな。

 それと…代表発表会見が生中継されたけれど、
あの映像は見ていて残酷だと思った。
選ばれる側や選ばれなかった側の心中を察しているのか!
「礼儀を重んじる武道」と「商業的ベースなJUDO」では、
オリンピックはもはや完全な「JUDO」になったように受け取れた。
これについて1つ言いたいのは、日本における「柔道」「JUDO」は
プロスポーツではなくアマチュアスポーツだということ。
これを忘れてしまっては困る。

 ではまた、次回~。



東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!