プロフィール
小川直也(おがわなおや)
小川道場(茅ヶ崎市)道場主。1968年3月31日東京都生まれ。柔道では全日本選手権7回優勝。 19歳で世界選手権優勝(史上最年少)。バルセロナ五輪銀メダリスト。 1997年、プロ格闘家としてデビュー。プロレス、総合格闘技など「暴走王」としてマット界を暴れまくる。http://www.ogawadojo.com/




2016年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  



お粗末すぎるぜ「ゆとり世代」
2012年04月30日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オイッス!
29日に行われた柔道の全日本選手権だけど…
お粗末のひと言だ!

 もちろん、90キロ級ながら勝った加藤君をまずは褒めたい。
問題は重量級。不安だらけだよ。
オレのころも重量級が古賀一人に太刀打ちできなかったことがあったが、
今回も重量級は軽量級への対応ができていなかった。
期待された重量級の3人、鈴木桂治、上川大樹、高橋和彦が
誰も決勝さえいけない事態。
まあ、オレからすれば実力が反映されたとしか言いようがない。
3人とも問題なのは、スタミナが持たないことなんだよ。
全日本の試合時間の6分間持たないで、
最大8分間戦う五輪で勝てるわけないよな。
優勝した加藤君は最後まで持つスタミナがあったということ。
そういう意味では3人は不安定だよな。

 オレが思うに…「ゆとり世代」ってことが原因なんじゃないかな。
「絶対に五輪に出てやろう」というハングリーさが感じられない。
五輪代表になるために落とせない…という緊張はあるだろうが、
それを乗り越える強さを見せないと。
必死さがないのも「ゆとり教育」のせい?

 厳しく言わせてもらったけど、
オレも日本の重量級を背負って世界と戦ってきた身。
だから、余計に心配なんだよ。

 誰が代表になってもいいから、
五輪まで死に物狂いで戦ってほしいな!

 というわけでまた次回~。



東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!